久しぶりの投稿です。

3.4.5月とコロナ禍の中、あおぞらは細々とオープンをし続けて来ました。必要としてくれる子供達を受け入れながら、またお休みの子供達の様子も気になりながら、早くコロナの収束してほしいと願う日々でした。子供達のご利用は少ないながらも、工作やおやつ作り、運動プログラムを取り入れて過ごしていました。

6月より学校も再開され、子供達がだんだんと増えてあおぞらも賑わいを取り戻しています。

母の日工作を6月になってから行いました。クエン酸と重曹で作るバスボム作り。また父の日工作もその後作りました。お父さんへの気持ちものせて手作りポーチを。

今まで経験のした事のない日々の中、親御さん達は子供達の事をたくさん考えながら過ごされたと思います。感謝のプレゼントを子供達から渡しました。

まだまだ余談を許さない日々ではありますが、あおぞらではいつもの日常を届けたいと思いながら日々、過ごしています。